音楽フラッシュカード(112枚セット)

型番 EDFL-001
販売価格 3,000円(税込3,240円)
購入数

セット




「教育音楽」小学版連載「ハイサイ!ともこ先生のネタ紹介」から生まれた
魔法のカード!楽譜も、リズムも、楽器の名前もこれでバッチリ!!読譜指導に大活躍!!


音符、音楽記号、楽器カード112枚が入っています(楽器カードはカラー印刷です)。 フラッシュカードとして使えるよう、コシのある用紙とサイズを採用しました。 マグネットを使って掲示するなど、レッスンのさまざまな場面で活用できます。 カードの裏面には音符の名称などが印刷してあります。 白紙カードは必要に応じて自由にお使いください。


フラッシュカード発案者の 比嘉智子先生(公立小学校教諭) が、フラッシュカードをどのように活用しているのをご紹介します。比嘉先生は先日、フラッシュカードをお持ちの先生から「4年生でいつも授業の最初にリズムカードを使っているおかげで、リズムの聴音のテストはほぼ満点です」という嬉しいお話を聞いたそうです。


鑑賞では「これはバイオリンが演奏しています……」など言わず、「何の楽器が活躍しているかな?」という発問を最初にしています。そのときに、ヒントになるようにいくつかカードを使います。


8小節のリズムを作らせるとき、早めにいくつかのリズムを取り上げ、全体で考えさせます。この写真は繰り返して作っていて、次の写真は全部違うリズムを使っています。子どもたちはたくさんの種類のリズムを使うことがよいことだと勘違いしがちですが、繰り返すことのよさも全体で確認させます。


8小節のリズムを作らせるとき、早めにいくつかのリズムを取り上げ、全体で考えさせます。前の写真は繰り返して作っていて、この写真は全部違うリズムを使っています。子どもたちはたくさんの種類のリズムを使うことがよいことだと勘違いしがちですが、繰り返すことのよさも全体で確認させます。


フラッシュカードでリズムづくり。まずは全体で。


もっといいリズムになるよう、並びを相談中。座っている児童からもさまざまな意見が出ます。このやりとりが、個々のリズム作りの土台に。


金管バンド部でも、譜読みができるようにとフラッシュカードを活用。特にヘ音記号をやっています。


■ 商品スペック ■
・カードサイズ
・タテ18センチ×ヨコ25.5センチ

■ 注意事項 ■
* この商品はご注文から(コンビニ・ペイジー支払いをご希望の場合はご入金確認後)、5営業日以内に発送をいたします。
* 当ショップでの購入方法など、ご不明な点がございましたらよくある質問をご参照ください。

音楽フラッシュカード(112枚セット)

<img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons30.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />音楽フラッシュカード(112枚セット)
3,000円(税込3,240円)
Top