『さよならの言葉』※カラピアノ付き合唱パート練習音源

型番 DLKO-18
販売価格 278円(税込300円)
購入数


月刊誌「教育音楽」(音楽之友社) 2005年10月号のとじこみ付録CDから、ソプラノ・アルト・カラピアノの音源が発売となりました!

商品の特徴
収録曲
さよならの言葉(2部合唱) 筒井雅子 作詞・作曲

01_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習
02_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習part2
03_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習part3
04_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習part4
05_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習part5
06_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習part6
07_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習part7
08_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習part8
09_さよならの言葉_ソプラノ・パート練習part9
10_さよならの言葉_アルト・パート練習
11_さよならの言葉_アルト・パート練習part2
12_さよならの言葉_アルト・パート練習part3
13_さよならの言葉_アルト・パート練習part4
14_さよならの言葉_アルト・パート練習part5
15_さよならの言葉_アルト・パート練習part6
16_さよならの言葉_アルト・パート練習part7
17_さよならの言葉_アルト・パート練習part8
18_さよならの言葉_アルト・パート練習part9
19_さよならの言葉_カラピアノ


作品について
「さよなら」。人は一生のうち、この言葉を何度口にするのでしょうか。学校生活に限って考えても様々な場面があろうかと思います。帰りの会で毎日交わす「さよなら」は「明日もまた元気に会おうね」の言葉も含めた「さよなら」。一方、友だちと、クラスと、学校とお別れするのが、卒業式や転校の時の「さよなら」。この歌は普段の授業のほか、卒業式やお別れ会といった、後者の「さよなら」の場面で歌っていただければ幸いです。全体的にレガートでしっかりと、語りかけるように歌ってください。形式を意識して書いた曲ではないのですが、伴奏の流れを追っていくと、曲の構造が見えてくるかと思います。――筒井雅子

演奏
・ソプラノ=杉田育子
・アルト=杉田育子
・ピアノ=川井敬子
※この音源は音取り練習を目的として制作されており、ピアノは打ち込み音源、声は収録後加工されたものとなります。


スペック
・種類:mp3
・ビットレート:128kbps

・制作=音楽之友社
・CD制作=(有)スズキ.アーツプラン
・録音=(株)フリーマーケット
・KOCD-0033
 (P) & (C) 2005 by ONGAKU NO TOMO SHA CORP., Tokyo, Japan.


注意事項
※zipファイルをダウンロードした後、解凍アプリなどをご利用の上お使いください。
ダウンロードコンテンツの利用規約をご確認の上ご利用ください。

『さよならの言葉』※カラピアノ付き合唱パート練習音源

<img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />『さよならの言葉』※カラピアノ付き合唱パート練習音源
278円(税込300円)
 
Top